チャイルド・スポンサーシップの評判

チャイルド・スポンサーシップの評判は良い悪い?

チャイルド・スポンサーシップについて良い評判も悪い評判もあるんです。

 

良い口コミ・評判  悪い口コミ・評判

 

ここでは簡単にネットで検索し調べた事などを書いておきますね。
最終的には自分がどう思うか?どうしたいのか?なんだと思います。

 

●自分はチャイルド・スポンサーシップに参加したいと思っているけど他の人はどう思っているのか?

 

●本当は自分も少しは社会貢献したいけど変な所には大事なお金は払いたくない

 

●自分が支援したお金は本当に子どもたちの所に届くんだろうか?

 

そういった期待と不安が入り交じった気持ちになるんですよね。

 

ただワールド・ビジョン・ジャパンのチャイルド・スポンサーシップに参加してる人は自分が支援を始めたら不安な気持ちは何処へやらといった感じになっている人も。

 

支援をして自分の気持ちが豊かになって自分自身も幸せになっていくようです。

 

この点については次の【チャイルド・スポンサーシップ支援をする事で得られる感情とは?】を読んでみて下さいね。

 

チャイルド・スポンサーシップの説明女性

 

ポイント

ヤフー知恵袋の質問や回答から見る口コミや評判について

 

ヤフー知恵袋と言えば、かなりの人が利用しているので検索上位に出てきます。
1つ検索すると、コチラもありますよ・・・という事で芋づる式のように色々と投稿している人の質問が出てきてそれに回答する人の投稿も出ています。

 

ただ最近の投稿というわけでも無かったりするのですが、こちらで少し紹介してみますね。
寄付のあり方についてなるほど〜と私の考え方が変わった回答がありました。

 

出典のヤフー知恵袋にリンクを貼っていますので元記事を読んでみて下さいね。

 

出典ヤフー知恵袋

質問
質問

ヤフー知恵袋 質問

回答
ヤフー知恵袋 回答

ヤフー知恵袋 回答

ヤフー知恵袋 回答-2

 

質問に対して回答者の答えは明確でした。
そこには経費に対する日本と欧米の考え方の違いがあったんですね。

 

私も寄付金は全て支援する相手にいくのが普通じゃないのかな?・・・とモヤモヤとしていました。

 

ですが継続的に支援しようと思ったら人件費や交通費、事務用品、広告費、通信費と色々な経費がかかります。
誰がそれを払うのか?まさか自腹でしていたらそういった事は出来ないし出来たとしても続きません

 

なるほど〜っと考えさせられました

 

支援するお金を集めようと思ったら広告費をかけてまでしないと集まりにくいし止まる可能性もあります。

 

最終的に貧困地域と言われている場所に支援が届く事が重要であり広告費が少しかかっても集まらない事に比べたら問題にならないと思います。

 

目からウロコ状態になりました。

 

目からウロコ状態

 

私は現在、クリスマス募金など単発的な寄付はしていますが継続支援はまだ始めていません。

 

寄付の仕方

 

毎月4,500円という金額は自分の収入に占める割合を考えると心の準備も出来ていない状態です。

 

自分の収入が自分が思っている金額に到達し金銭的にも準備ができると始める予定です。

 

準備している女性

 

ですから実際に継続支援をしている人に比べるとチャイルド・スポンサーシップについての知識はありません。

 

私の場合は中学校の時の先輩が嬉しそうに支援している子どもの写真を見せてくれるので不思議に思い、はじめてこの支援を知りました。

 

【ワールド・ビジョン・ジャパンの名前を知ったきっかけは・・・】でも少し書いているので良かった最後までお付き合い下さいね。

 

評判や口コミは誰から聞いたのか?という事が結構重要だと思いませんか?

 

ネットで調べると色んな評判や口コミが書かれていますが本当の事だったり間違った情報もあるわけです。

 

私の場合は、とてもお世話になった中学校の先輩からでした。
その時に思ったのは・・・

 

●先輩が言う事なので、チャイルド・スポンサーシップについては、しっかりと調べてから始めているはず。
●先輩の事だからワールド・ビジョン・ジャパンという団体が変な団体ではない事は調べたはず。
●先輩は上場企業に勤めていてある程度の役職にもつき収入もそれなりにあるから社会貢献として始めたのかも?

 

ワールド・ビジョン・ジャパンのチャイルド・スポンサーシップに関して、こんな感じで想像していました。

 

信頼関係がある人から話を聞くと、すんなりと受けいれられますよね。
ですが信頼関係が無いインターネットの世界で検索して出てきた事に関しては全部が信用できる事では無いと思います。

 

あなたも自分で納得し自分の中で準備が出来たらチャイルド・スポンサーシップの継続支援してみて下さいね。

 

1日あたり150円の支援で途上国の子供たちに希望を

 

収入がそれほど無いのに継続支援を始めると余裕のない生活になってしまいます。

 

口座に残高が無くて引落しが出来なかった・・・といった方もいるようです。

 

給与振込の口座から引き落としでなければ口座間の振替を忘れるといった事もありますよね。

 

継続支援の方法は口座振替による自動払込もしくはクレジットカード利用になります。
収納代行会社はSMBCファイナンス株式会社振替日は6日になります。

 

口座振替申込用紙

 

私もお世話になった先輩のようになりたいと思っているので真似てみるつもりです。
そうなると想像ではなく少し具体的に聞きたい事が出てきました。

 

ワールド・ビジョン・ジャパンのチャイルド・スポンサーシップに関する質問を先輩にしてみました。

 

1.チャイルド・スポンサーシップを始めたキッカケは何だったのか?
2.寄付などする団体はいくつかあるけどワールド・ビジョン・ジャパンを選んだ理由は?
3.継続支援を続けている理由はどういった事で?

 

質問のお返事は簡単に書いてみると

 

1.自分も災害を受けた時に色んな方にお世話になりありがたかった。
 継続支援は自分の気持も豊かになる

 

2.ワールド・ビジョン・ジャパンは寄付がどのように役にたっているかわかりやすい

 

3.チャイルドの成長が報告されるのが楽しみ。
 手紙や絵などもきて最近はビデオメッセージもある。
 稼いだお金の一部は他人の為に使う。それが働ける環境に恵まれた人の行動だと思う

 

質問の返事を見てワールド・ビジョン・ジャパンのチャイルド・スポンサーシップを選んだ理由はこういった事だったんだと理解できました。

 

私も自分が思っている収入に到達した時にワールド・ビジョン・ジャパンのチャイルド・スポンサーシップ始めます

 

先輩が見ている世界を見たいので目標にしてお仕事がんばります

 

チャイルド・スポンサーシップ、どうしようかと迷っていたら参考にしてみて下さいね。

 

心の準備、お金の準備が出来た人から始めると良いと思っています

 

人は誰かに貢献できているのを実感したときに最高の幸せを感じるそうです。

 

きっとあなたの社会貢献は世界で役にたち自分自身の気持ちも豊かになると思いますよ。

 

チャイルド・スポンサーシップの詳細

 

チャイルド・スポンサーシップの説明女性

える

「チャイルド・スポンサーシップ」支援をする事で得られる感情とは?

チャイルド・スポンサーシップに参加している方々は、満面の笑みで語ります。

 

「チャイルド・スポンサーシップに出会って、自分も幸せになれました」

 

「遠い国にもう1人子どもができたようで、嬉しいです」

 

「チャイルド・スポンサーシップを通じて、世界とつながることができました」

 

ワールビジョンニュース

 

世の中には、子どもたちに手を差し伸べるソーシャルセクターがたくさんあります。

 

なかでもチャイルド・スポンサーシップは、参加者の「満足度」や「幸福度」が高いと評判。

 

その理由は「チャイルド・スポンサーシップは支援を実感できる」からです。

 

チャイルド・スポンサーシップに参加している方の口コミを見ると、多くの方が

 

「世の中の役に立てた」

 

「社会や世界とつながることができた」

 

「人生が充実した」

 

「支援を通して、自分も幸せになれた」

 

と心から喜んでおられますが、それは支援を実感できるからこそ。

 

自分の支援を肌で感じることができるから、参加することの喜びを感じることができるんです。

 

1日あたり150円の支援で途上国の子供たちに希望を

 

私たちに出来るサポート

 

ではなぜ、チャイルド・スポンサーシップは支援を実感できるのか。
口コミを通じて、理由を探ってみましょう。

チャイルド・スポンサーシップ参加者の口コミはどう?

●チャイルド・スポンサーシップは、世の中にたった1人の「あなたの子ども」を支えるプログラムです。

 

チャイルド・スポンサーシップの特徴は、支援地域に住む、特定の子ども(チャイルド)とつながれることです。

 

スポンサー(参加者)の口コミを見ると、特定の子どもとつながれることに喜びや生きがいを見出している方が多いです。

 

海外の子ども

 

「いろんなボランティアを体験してきましたが、チャイルド・スポンサーシップを選んだ理由は、特定のチャイルドとつながれるからです。

 

私は子どもがほしかったのですが、授かることができませんでした。
少しでも子どもを育てる経験をしたいと思っていたのですが、家に養子を迎える勇気まではなくて・・・。

 

でも、チャイルド・スポンサーシップで1人の子どもとつながり成長を見守ることで、子どもができたような喜びを感じられて幸せです」

「バングラデシュの男の子を7年ほど支援しています。
手紙をもらうたびに、少しずつ絵や字が上手になっていく様子を見て、わが子のように嬉しく思います」

「チャイルド・スポンサーシップのスポンサーになって、もう8年になります。
チャイルドが実の娘と同じ年ということもあり、わが子のように愛しく思っています。

 

私に手紙書くために、一生懸命字の練習をしているようです。
毎月4,500円は時にキツイと思うこともありますが、一度外食すれば4,500円ぐらいすぐに使ってしまいますよね。
そのお金で、チャイルドを応援する喜びを得られるのなら・・・とずっと続けています」

 

そしてスポンサーとつながったチャイルドからも、喜びの声が上がっています。

 

「エルサルバドルの貧困地域に生まれた私は、貧しい幼少期を送っていました。
10歳の時、チャイルド・スポンサーシップの支援を受け、学校にも病院にも行けるようになりました

 

今はプロの陸上選手として、毎日充実した生活を送っています。
大会でもらったトロフィーや賞状の数は忘れても、チャイルド・スポンサーシップがしてくれたことは忘れません」

 

チャイルド・スポンサーシップでは、申し込み時に「支援地域」や「チャイルドの性別」、「チャイルドからの手紙」などについて希望を記入。

 

その情報をもとに、チャイルドが紹介されます。

 

スポンサーになると、チャイルドと手紙で交流できたり、写真付きの成長報告を受け取ったりすることができます。

 

チャイルド・スポンサーシップの口コミを見ると「支援が実感できる喜び」がヒシヒシと伝わってきますが、これは確かにその通り。

 

手紙や成長報告があれば支援の成果を実感できますし、本当にわが子の成長を見守るようで嬉しいですよね。

 

ちなみにチャイルド・スポンサーシップでは、寄付金が直接、子どもたちの学費や物資などになるわけではありません。

 

つまり、チャイルド個人を直接支援するというわけではないんです。

 

でも寄付金を通じて衛生環境や医療、教育環境などを整えることで、チャイルドの未来を明るく照らすことができます。

 

他の誰でもない「あなたの子ども」を支え、人生を切り拓く・・・その仕組みが「支援を実感できる」源泉となっているのです。

 

ありがとう

チャイルドと会う事ができる支援地訪問ツアーや交流会

●チャイルド・スポンサーシップは、実際にチャイルドと会うことができます

 

チャイルド・スポンサーシップでは、支援地訪問ツアーなどが行なわれています。

 

2017年8月にはスリランカへの訪問を予定。

 

スリランカのチャイルドを支援するスポンサーに限定してメンバーを募集し、訪問ツアーが行なわれます。

 

支援地訪問ツアーに行かれた方の口コミを見てみましょう。

 

「支援しているチャイルドに会うために、妻と一緒にルワンダを訪れました。
彼女は私の名前を覚えていてくれて、驚くと同時に非常に嬉しかったです。

 

私の支援が確かに、彼女の人生を支えていることを実感しました。
支援地ツアーに行ったことで、いつもは遠く離れていても心はつながっていると感じることができました」

ベトナムのツアーに参加しました。
チャイルドに会えたことも良かったですが、支援地ツアーに行くことで、寄付金がトイレの改善や家畜の支援などに役立っていることを感じることができました」

「現地で、チャイルドのご両親が教育熱心になっている姿に驚きました。
 チャイルド・スポンサーシップの働きかけを通じて、ご両親自らが教育の大切さを理解してくれたのだと感じました」

「チャイルドたちが勉強をする姿と、支援地域に作物が育っているのを見て、自分の支援が役に立っていることを肌で感じることができました」

「遠い国に住む、もう一人の息子に会えて感動しました」

 

海外の子ども3

 

世界の貧しい地域に支援をする団体はたくさんありますが、たいていは「物資やお金を送る」支援となっています。

 

一方、チャイルド・スポンサーシップは、単に「物資やお金を与える」という支援ではありません。

 

確かに物やお金を与えた方が、一見ありがたいように見えるかもしれません。

 

でも物やお金を与えるだけの支援では自活力が育たず、お金や物がなくなったらそこで枯渇してしまいます。

 

チャイルド・スポンサーシップを行なうワールド・ビジョン・ジャパンの支援は、支援地域の「生きる力」を育てるもの

 

支援地訪問ツアーに参加することで、支援しているチャイルドや、チャイルドの住む地域が自ら再生していく様子を実感することができます。

 

でもなかには「支援地に行くのはさすがに無理」という方もいらっしゃいますよね。

 

チャイルド・スポンサーシップではスポンサー同士の交流会も盛んに開催。

 

交流会で、実際に支援地に行かれた方の話などを聞けば、現地に行かなくても支援を実感できますよ。

 

ベトナムの支援

 

チャイルド・スポンサーシップは領収証などもらえるのか?

●チャイルド・スポンサーシップは、領収証や年次報告書を届けてくれます。

 

国際協力をするうえで気にかかるのは、やはり「お金がどのように使われているか」です。

 

チャイルド・スポンサーシップの参加者は、お金の使途についてどのように感じているのでしょうか。

 

口コミを見てみると・・・

 

「チャイルド・スポンサーシップは、領収証や年次報告書がきちんと届くのがいいですね。
寄付金が惜しいわけではありませんが、やはり『寄付したお金が、本当に役に立っているか』は気になります。

 

チャイルド・スポンサーシップの明細書は『何月何日にチャイルド・スポンサーシップのために4,500円』、『何月何日にクリスマス募金で10,000円』などと非常に詳しく書かれているので、安心して寄付することができます」

 

寄付金控除明細

 

チャイルド・スポンサーシップは、領収証や年次報告書を定期的に届けてくれます。
この画像はクリスマス募金をした時の領収証です。

 

領収証

 

その領収証をもとに寄付金控除を受けることもできますよ。

 

寄付金控除

 

このようにチャイルド・スポンサーシップは、「支援を実感できる」体制が整っています。

 

 

 

ワールド・ビジョン・ジャパンのチャイルド・スポンサーシップ

ここで改めて、チャイルド・スポンサーシップについて説明しますね。

 

チャイルド・スポンサーシップの母体は、特定非営利活動法人ワールド・ビジョン・ジャパンです。

 

ワールド・ビジョン・ジャパンの元となっている組織は米国のワールド・ビジョンですが、実は日本は以前、ワールド・ビジョンに助けられているんです。

 

子どもの顔

 

日本は今でこそ、医療も教育も整った豊かな国となっています。

 

でも戦後、奇跡的な経済成長を遂げる前は、日本にも恵まれない子どもたちがたくさんいました。

 

ワールド・ビジョンはそのような状況のなか、日本の子どもたちに支援活動を開始。

 

その後、日本でも国際協力への意識が高まり、1987年にワールド・ビジョン・ジャパンが設立されました。

 

つまり日本は今、チャイルド・スポンサーシップを通して“世界にお返しをしている”とも言えるんです。

 

 

チャイルド・スポンサーシップは1人の子どもとつながりを持てますが、子どもに直接、物やお金をあげるものではありません。

 

チャイルド・スポンサーシップは、つながったチャイルドが健やかに成長できるよう、地域とともに歩むプログラム。

 

スタッフが支援地域の首長や代表者と会い、その地域の子どもたちが心身共に健康な大人に成長するよう、環境を整えていくものです。

 

現在、チャイルド・スポンサーシップの支援を受けている国は21カ国

 

カンボジアやエチオピア、エクアドルなどがスポンサーの協力を待っています。

 

支援地域の子どもたちは、きれいな水を飲むことも、一日三食食べることも、学校に通うことも、適切な医療を受けることもできません。

 

150円支援

 

チャイルド・スポンサーシップなら1日あたり150円、月々4,500円支援することで、支援地域の環境を変えることができます。

 

スポンサーの中には、

 

「1日にたばこ1箱を吸っていたけれど、それをやめて子どもたちを救うことにした」

 

とおっしゃる方もいますが、本当にたったそれだけで世界を変えることができるんです。

 

子供たちの現状

 

チャイルド・スポンサーシップの支援は、短期的に見れば少々もどかしいものかもしれません。

 

でも長い目で見た時に、「真の支援とはこのことを言うのか」と納得できるプログラムです。

 

清潔な環境と高い教育、きちんとした医療を受けることができれば、子どもたちの未来は明るくなります。

 

どんな状況においても、子どもの命、子どもの将来は平等です。

 

生まれた地域によって可能性が閉ざされるのは、とても悲しいことですよね。

 

チャイルド・スポンサーシップの協力を得て、地域の人々自らが健康に暮らす術を身に着ければ、その地域はずっと発展しつづけることができますし、子どもたちの可能性も無限に広がります。

 

どうせバリバリ働くのなら、誰かの役に立っていることを感じながら働きたい

 

たとえ小さな力でも、世界を変える力になりたい

 

ワールド・ビジョンのチャイルド・スポンサーシップなら、世界でたった1人の「あなた」が、世界でたった1人の「チャイルド」を通して世界を変えることができますよ。

 

ホームページログイン画面

 

寄付をするとワールド・ビジョンのホームページから自分のアカウントの所へ行くことが出来ます。
今までの自分が寄付した金額も確認できるようになっています。
この画面はログインページです。

ワールド・ビジョン・ジャパンの住所へ行ってみると・・・

ワールド・ビジョン・ジャパンの住所等は以下の通りです。

〒164-0012 東京都中野区本町1-32-2 ハーモニータワー3F 
電話 03-5334-5350 (代表)

 

東京メトロ丸ノ内線、都営大江戸線「中野坂上駅」より徒歩1分

 

地方に住む私にとって東京行きはなかなか無いのですが別の用事があり、そのタイミングでワールド・ビジョン・ジャパンの住所へ行ってみました。

 

グーグルマップを見たらすぐにわかる事なのかもしれません。
でもクリスマス募金をしたワールド・ビジョン・ジャパンを実際に見てみたかったんです。

 

新宿都庁

 

新宿から都営大江戸線に乗り中野坂上駅まで。

 

大江戸線中野坂上駅

 

駅の中は面白い感じです。

 

中野坂上駅

 

私の地元には田舎なので、こんな駅はありません。

 

外に出てみました。

 

中野坂上駅出入口

 

駅から徒歩1分って何処だろう?とウロウロと周りを歩いて見回すとありました。
目の錯覚だろうか?と一瞬ですが思いました。

 

ハーモニービル出入口

 

見上げるのも難しい位ビルが高いんです。
近くだとiPhoneで写真撮ろうと思っても建物全体が入りません。

 

ハーモニービルを見上げて

 

この建物の中を借りているなら賃料だけで凄い金額がかかるんじゃないの?!

 

寄付を募っているのにそういう事にお金がかかるのは何だかな〜と納得がいかない感じでした。

 

少し探検するつもりで恐る恐るビルの中に入ると広いエントランスでアトリウムのようです。

 

こんな立派な建物の中?と思いながらエレベーターに乗って3階まで。

 

3階で降りたものの、これからどうしよう?
そう思っていたら入口らしきものが見えました。

 

ワールド・ビジョン・ジャパン入口

 

扉が開いていたので中へ入ってみると奥にまた扉です。
ガラス越しに見えた扉の向こうには広い部屋が広がっていて人の動きが少し見えました。

 

立ち止まって周りを見るとパンフレットが置いてあるラックがありパラパラ見ていました。
そうすると中から女性が出てきて話しかけてこられました。

 

何か話さないとマズイかも?と思い年末にした募金について。
「クリスマス募金をした事があり気になって見に来ました。」
・・・といった事を少しお喋りするとその女性が置いてあったパンフレットの事や建物の事を話されました。

 

しっかりと記憶してはいないのですが内容としては
以前は大久保の方に事務所があったのだけど手狭で賃料を安くしてもらえた事もあり現在の所へ。」
・・・といった話をされていました。

 

どうやら私以外にも家賃が高そうと思った人がいるんでしょうね。
私はその件について質問をしていないのに話をされました。

 

とても優しそうな佐野という女性の方でした。
金額までは確か聞いていないと思いますが建物を見た瞬間のモヤモヤは少し消えた感じです。

 

ワールド・ビジョン・ジャパンの名前を知ったきっかけは・・・

私がワールド・ビジョン・ジャパンを知ったのは学校の先輩がチャイルド・スポンサーシップで継続支援をしていたからです。

 

楽しそうに支援しているチャイルドの写真を見せてくれ手紙もくるんだという事でした。

 

何故、海外の子どもたちに継続的に支援しているんだろう?
・・・と思って聞いてみたら自分自身の気持ちが豊かになるという事でした。

 

寄付をする所は色々あるけれどワールド・ビジョン・ジャパンを選んだのは寄付がどのように役に立っているかがわかりやすいからだそうです。

 

チャイルドの役に立っている実感が湧くとの事でした。
現地語だけど本人の直筆で手紙や絵がきたりすると嬉しいですよね。

 

寄付するのであれば自分が住んでいる日本の困っている子どもたちが先ではないかな?と思ったりしましたが、同じ金額でも支援先によって価値は変わりそうです。
例えばですが日本で4,500円支援するのとエチオピア難民キャンプの子供たちに4,500円では救える大きさが違いそうです。

 

エチオピア難民キャンプ

 

それにワールド・ビジョン・ジャパンは海外の子供たちだけの支援かな?と思っていたら福島で生きていく子供たちにも支援をしているそうです。

 

福島の支援

 

「World Vision News No.188」の冊子に書かれていた事ですが避難先や生活が困窮している家庭で悩む子どもたちに寄り添った支援を行っている記事が掲載されていました。

 

ワールド・ビジョン・ジャパンを通じて募金・寄付をする事は国際的な支援になります。
むかし日本の子どもたちも戦後にお世話になっているようです。
自分たちの親世代だったりしますね。

 

継続支援は日本の評判も良くなりそうな感じもしませんか?
「情けは人のためならず」って聞きますよね。

 

「子どもとのつながりが、あなたの心を豊かにする」

 

ワールド・ビジョン・ジャパンの何処かに書いてあった言葉です。
先輩から聞いて少しずつ私も意味がわかってきた感じです。

 

継続支援は毎月4,500円の寄付ですが、クリスマス募金といった1回だけの寄付も出来るんです。
冊子や募金の振込用紙も時々きます。

 

ワールビジョンにはホームページが用意されているので色んな情報はそちらから見ることが出来ますよ。

 

ワールビジョンのホームページ

 

 

会計報告もホームページ上で誰でも見られるようになっています。

 

会計報告

 

もしも支援をしようか迷っているのであれば詳細を見てから判断してみては如何ですか?

 

YouTubeでお笑いの人達が応援している動画もありました。
私、渡辺直美さんって結構すきなんですよね。
あの体型でキレキレの動きって凄いです!

 

渡辺直美さん主演のドラマ「カンナさーん!」初回の平均視聴率が12.0%だったそうです。
面白かったですよ。「逃げ恥」の初回を上回っていたそうです。

 

動画ではゴダイゴの「ビューティフル・ネーム」の音楽が流れています。(2015/11/30 公開)
こちらでアップしているのは画像です。

お笑い芸人3人の応援YouTube画像

 

 

1日あたり150円の支援で途上国の子供たちに希望を

 

チャイルド・スポンサーシップの説明女性

私もできる事からはじめています。
サイトを作って紹介する事は私にもできる事なのでまずは、ここからスタートです。

 

チャイルド・スポンサーシップの詳細

 

このサイトの運営者である私を自己紹介すると

このサイトの運営者がチャイルド・スポンサーシップの経験者じゃなくてガッガリしました?

 

経験者の話を聞きたかったのにな・・・と思っていたとしたら残念でした。
最初の頃の文章に書いていると思いますが私は継続支援はまだ始めていません。

 

単発的な寄付はしていますが自分の気持の中で海外の遠くの人よりも、まずは身近な人に対してする事があるなと感じているから。

 

自分の中でその部分がクリアになって経済的にも安定してきたらチャイルド・スポンサーシップの支援に参加してみたいと思っています。

 

たまにワールド ビジョン ジャパンからチャイルド スポンサー シップや児童保護募金への協力の封書がきますが、チョッと待ってね今はまだその時期ではないから・・と。

 

寄付についての封書

 

そのタイミングが来たら自分自身の為にも寄付をする予定です。

 

チャイルド・スポンサーシップに参加している人達は支援をして自分の気持ちが豊かになって自分自身も幸せになっているようです。

 

きっと心の安定も得ることが出来るのではないでしょうか。

 

まだスタートしていない私は想像の段階なのですがチャイルド・スポンサーシップ児童保護募金など始めたらこのサイトで紹介してみますね。

 

始めたとしたら経済的にも安定した私になっているわけです。

 

とても嬉しい状態で私にとっては待ち遠しい状態なわけで乞うご期待!?

 

嬉しい女性

 

 

私、綺麗事じゃなくてダークな部分も!

 

私の経済的な部分について書いてきましたが自分の気持ちの中についても少し書いてみますね。

 

今迄、綺麗ごとのような事を書いてきましたが実は私もダークな部分あるんですよね。

 

”海外の遠くの人よりも、まずは身近な人に対してする事がある”

 

この部分についてです。

 

 

私の父親に対してなのですが話は昔むか〜しに遡ります。

 

貧乏子だくさんと言うけれど貧乏な家庭で子供がたくさんいたら悲惨ですよね。

 

我家は兄弟姉妹が多く貧乏でしたね。
最初はそうでもなかったのかもしれませんが私の中で記憶がある時にはそうでした。

 

お金が無いから気持ちを紛らす為にお酒を飲んだりギャンブルをしたりするのか?
私には理解しがたい事なのですがテレビドラマにあるように父はお酒を飲んでいたしギャンブルもしていました。

 

酒飲み

 

普段は誰にでも親切で気さくに話をする父なのですがお酒が入ると目が座ってきて暴れていました。

 

お正月の事なのですが、おせち料理の黒豆を器ごと投げて我家は正月から暗くなっていましたね。

 

その頃、子供だった私は一人で生きていく事は出来ないから「今は我慢、我慢」と思っていました。

 

大きくなって年齢的にも経済的にも逆転する時には父の事は知らない・・・と、なるだけ父親と関わりを持たないようにと思って生きてきました。

 

だから早くに結婚し家を出ましたが、その後、私達、兄弟姉妹は結婚し全員出ていく頃には借金が膨らんで風情のあった戸建ての家は手放して夫婦で古くて小さなアパートへ。

 

父はお酒やギャンブルをして歳も取ってきて悪くいうと自業自得な状態なわけです。

 

大きくなって年齢的にも経済的にも逆転する時には父の事は知らない・・・と思ってきたけど気にはなっている状態です。

 

日本で災害があったりすると募金や単発的な寄付はしていましたが父とは関わりを持ちたくないのでそのままです。

 

 

そんな状態が続いて話は今現在の2017年に戻ります。
そうこうしていると父が脳梗塞で8月1日に入院です。

 

入院

 

関わり合いになりたくない自分なのですが母も亡くなり私の兄弟姉妹は遠くに住んでいたり子供が小さかったり病気になっていたり。

 

兄弟姉妹で1番に動けるのは私という事になり入院先に洗濯物を届けに行ったり父が住んでいるアパートの水道光熱費の支払や関わりのある所へ連絡したりです。

 

すごく近寄りたくない父親だったのですが自分がそれまで思っていたよりも普通に接する事が出来るようになっていました。

 

理由は多分、チャイルド・スポンサーシップの事を話してくれた先輩にメールですが話を聞いてもらっていたから。
ずっと自分の中で溜め込んでいた嫌な感情を外に出したから少し違ってきたんだと思います。

 

父と一緒に住めるか?と考えたら、まだそこまでは心がついていきませんが・・・。

 

他には別の方から教えてもらった「天国言葉」というのを毎日、口に出して言ってるからかも?
天国言葉は8個あるんですが、それを10セットです。

 

1. 愛しています
2. ツイてる
3. 嬉しい
4. 楽しい
5. 感謝しています
6. 幸せ
7. ありがとう
8. 許します

 

この8番の「許します」という言葉はかなり効いたのかもしれません。
先輩に対しては「嬉しい 楽しい 感謝しています ありがとう」かな。

 

 

父はまだリハビリの為に入院中です。
問題は退院した後の暮らしが一人で出来るのか?です。

 

脳卒中の後遺症

 

病院の医療ソーシャルワーカーの方に介護保険の事について聞いたので父の住んでいる所の市役所で介護保険の申請。
認定調査員の方が病院に聞き取り調査に来られて約1ヶ月後に認定通知が来ました。

 

通常認定審査会の審査は1ヶ月位はかかるそうです。
要介護1の内容で退院後に介護サービスを受ける事が出来るようです。

 

入院する前と同じ場所で住めるようにリハビリ中の父です。
退院後にも色々な方にお世話になる事と思います。

 

宇宙に運も金運も貯める事が出来るみたい

 

話は飛びますが宇宙貯金というのを聞いた事がありますか?

 

宇宙

 

宇宙銀行には役に立つような徳を積むと徳のエネルギーが宇宙貯金として貯まるそうです。

 

面白いのは運も金運も貯める事ができるそうですよ。

 

貯金

 

先輩は宇宙銀行に宇宙貯金をし続けているのかもしれません。

 

 

チャイルド・スポンサーシップの支援に参加した人は自分の気持ちが豊かになって自分自身も幸せというのもわかるような気がしませんか?

 

世界では年間約100万人の赤ちゃんが生まれたその日に亡くなっているそうです。

 

妊産婦や赤ちゃん

 

ワールド・ビジョン・ジャパンでは安全な出産についての啓蒙活動妊産婦や乳児への医療サービスを行うスタッフの研修参加施設の建設などもしているそうです。

 

チャイルド・スポンサーシップ以外にも色々な活動があるんですね。

 

海外では戦争・紛争がある所もあり日本は平和ボケしているなんて事を言われたりしますよね。

 

今は安全な日本ですが父が小さい頃は戦争中
私の父は3歳の頃に父親を戦争で亡くし母親も病気であとを追うように亡くなり兄弟はバラバラで親戚に引き取られたりして辛い思いをしたそうです。

 

そういった人が日本中に沢山いたのはドラマで知るくらいですが
戦争で一般庶民が辛く悲しい状態になるのはどこの世界も同じですよね。

 

経済的に苦しくなると貧困の連鎖も起きてきます。

 

チャイルド・スポンサーシップはそういった子どもたちに希望を与える事が出来るかもしれません

 

ワールド・ビジョン・ジャパンに募金という支援の形で徳を積んでいくのも自分自身が豊かになる方法の1つだと思います。

 

準備が出来た人から順に始めてみませんか?

 

1日あたり150円の支援で途上国の子供たちに希望を

 

チャイルド・スポンサーシップの説明女性

 

チャイルド・スポンサーシップの詳細